top of page

NSF Engines Programがコネティカット州と北部インターマウンテン州(MT、WY、ID)の量子エコシステム開発に 200万ドル(約2.6億円)を授与

NSF の Engines Development Awards プログラムは、昨年の米国 CHIPS and Science Act で認可されたもので、最先端研究の雇用を創出し経済成長を促進する新しい技術とすることを目的としたプログラムである。今回 NSF は、米国の 2つの地理的地域における量子技術およびエコシステムの開発 2件に対して、それぞれ100万ドルの提供を発表した。1件目は、コネティカット大学を対象に、コネティカット州を量子関連研究、技術、雇用の地域ハブとして確立するための正式な提案書作成に。2つ目も同様の目的で、モンタナ州立大学への助成で、米国モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州を含む地域に対して。コネティカット州では、コネティカット大学やイェール大学での学術研究、新興企業である Quantum Circuits Inc. やその他の大企業での商用開発など、すでに量子力学の活動が盛んである。北部の山間部には、量子技術に関連する商業企業がいくつかあり、量子サプライチェーンに特に関連性が高い。Montana Instruments、Teledyne FLIR、Cylynt、Quantel、AdvR、Wavelength Electronics、Micron、Qubitekk などである。


詳細は、全米科学財団の地域イノベーションエンジン・プログラムの概要 、コネチカットの助成金の受賞要旨 、モンタナ/ワイオミング/アイダホの助成金の受賞要旨 、コネチカットの助成金の詳細に関するイェール大学のプレスリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page