top of page

Nvidia、量子-古典ハイブリッドコンピューティングのためのQODA(Quantum-Optimized Device Architecture)プラットフォームを発表

Nvidiaは、量子コミュニティへの提供物を拡大し続けている。昨年は、Nvidia GPUを使用して、量子プログラムの高性能シミュレーションを実現するcuQuantum SDKを発表した。このプラットフォームは、古典的なCPU、GPU、そして量子QPUを接続したハイブリッド環境において、量子古典プログラムの開発とコンパイルを可能にするものだ。基本的なプログラミングインターフェイスは現在C++で、将来的にはPythonも追加される予定である。また、NVQ++と呼ぶコンパイラは、QIR(Quantum Intermediate Representation)を利用することで、将来的にハードウェアバックエンドを増やしやすくするという。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page