top of page

Open Quantum Institute(オープン量子研究所)がスイスのジュネーブに設立される


UBSが主導するコンソーシアム。ジュネーブ科学外交先見財団(GESDA)、CERN、スイス連邦外務省(DFA)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH Zurich)とスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)らが参加している。このコンソーシアムは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)のうち6項目の実施を支援するために量子コンピューティングの利用を加速するため、2024年3月からCERNに設立される。2024年から2026年までの3年間、試験的に実施され、UBSが年間200万スイスフラン(約3.3億円)の資金を拠出する。


この取り組みには、20カ国以上から40を超えるパートナーが参加し、「4A」と呼ばれる4つの目標に向けて取り組んでいく。人類への応用加速、万人へのアクセス提供、能力開発の促進、SDGsのための多国間ガイダンスの活性化が含まれている。


このOpen Quantum Instituteの発表の詳細については、UBSが提供するプレスリリース、GESDAの別のニュースリリース、Open Quantum Instituteのウェブページを参照のこと。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page