top of page

Oxford Quantum Circuits、1億ドル(約148億円)のシリーズB調達と、32量子ビット Toshikoプラットフォームを発表

OQC(Oxford Quantum Circuits)は、2017年に英国を拠点として設立された超伝導量子プロセッサメーカーだ。1億ドルのシリーズB投資は、SBI Investmentが主導し、これまでの投資家であるOxford Science Enterprises (OSE)、東京大学エッジ・キャピタル・パートナーズ(UTEC)、Lansdowne Partners、そしてOTIFが追加参加し、マネージャーのOxford Investment Consultants (OIC)が代行した。


これは英国の量子関連企業にとって、これまで達成されたシリーズB投資の中で最大のものである。同社は2022年にシリーズAで4,100万ポンド(約77億円)を調達しており、この資金調達額も量子関連企業としては英国最大のシリーズAであった。


同社はまた、現在32量子ビットをサポートしている Toshikoプロセッサー(アップグレード可能な設計)がプライベート・ベータ版として利用可能になったことも発表した。商用データセンターへの導入を想定しており、従来のHPCリソースと統合してハイブリッド環境を実現する。


デジタル・ファブリック・インターコネクトを採用し、顧客に安全なハイブリッド・コンピューティング提供する。この設置は、データを外部のクラウドプロバイダーに送りたくないという、セキュリティを重視する顧客にとって魅力的だ。このプロセッサは、QIR(量子中間表現)、OpenPulse、OpenQASMの各プログラミング言語でプログラムできる。


ToshikoのリリースとシリーズB投資に関する詳細はプレスリリースを参照。Toshikoプロセッサーに関する追加情報は、こちらのWebページと、こちらの技術製品シートに掲載されている。



※参考

toshiko:日本人初の女性物理学者である湯浅 年子にちなんで命名された。


=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report (by GQI)

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page