top of page

ParityQC、DLRから分子シミュレーションの新しいQC手法の開発で契約獲得


ドイツ航空宇宙センター(DLR)は、迅速な新素材開発のための量子コンピュータの利用を研究するため、QuantiCom(Quantum Computing for Materials Science and Engineering)と呼ばれるプロジェクトを立ち上げた。この試みのサブプロジェクトのひとつがQuantiCom Q2Hと呼ばれるもので、分子の原子レベルでのシミュレーションを行うための量子コンピューターの利用を実証することを目的としている。


ParityQCは、2026年までの3年契約を獲得し、シミュレーションを実行するための量子アルゴリズムを開発する。量子ベースのシミュレーション・アルゴリズムを開発後、その結果を現在の古典的なHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)手法と比較し、量子アプローチがより良い結果をもたらすかどうかを判断することになる。


この研究により生まれた新しいアルゴリズムは、将来、DLRが高い関心を寄せている航空機や宇宙船で使用するための、より複雑なタイプの材料に応用できることが期待されている。より軽く、より強く、より耐久性のある材料の開発に役立つ進歩は、航空宇宙産業では常に歓迎されている。


詳細は、受賞を発表したParityQCのプレスリリースを参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page