top of page

Pasqal、中性原子量子コンピューティングの理解に量子ディスカバリープラットフォームを導入

このプラットフォームは、量子コンピューターとは何か、どのように機能するのかをユーザーに紹介し、ユースケースの特定と優先順位付けを支援することを目的としている。プログラムの一環として、Pasqal は、同社の量子エミュレータおよび 100量子ビットの中性原子プロセッサへのアクセス提供する予定だ。


プラットフォームは 3つのモジュールで構成されている。主要な概念を説明し、事前に記録されたビデオを提示するオンボーディングモジュール、量子ハードウェアとエミュレータで事前に決定されたアルゴリズムを調整して実行する機能、そして、ユーザーが潜在的なユースケースを特定して優先順位を付けるのに役立つ機能だ。ユーザが Pasqalの技術の初学者として考えられている。ユーザが Pasqalと協力してアプリケーションの概念実証デモを開発し、最終的にアプリケーションを商用量子優位性を得るためのロードマップを描いていくだろう。このプラットフォームは現在限定公開中。詳細については、彼らのWebサイトで公開されているプレスリリース を、デモをリクエストするには、こちらのフォーム から。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page