top of page

PASQAL、中性原子量子プロセッサをシミュレートする新しいエミュレータを発表

PASQAL の新しいエミュレータ 「EMU-TN」。 これは同社の QPUの機能を模倣し、特定のアルゴリズムに必要なリソースの推定を可能にする、PASQALクラウドサービスに統合された新しいエミュレータである。このエミュレータは、Tensor Network simulation と呼ばれる手法を使用しており、一般的な State Vectorアプローチよりも効率的で大規模なシミュレーションを、特定のシミュレーション機能に提供することが可能だ。


また、アナログモードで動作する PASQALプロセッサーをシミュレートすることができる。デジタルモードで利用する他の多くの量子プロセッサはサポートしていないものだ。これにより、2Dグリッドなどの固定的構成ではなく、特定の問題に最適化された独自のトポロジーで動的に量子ビットを配置するなど、魅力的な機能が提供される。また、プロセッサのノイズの影響もシミュレートできるため、ユーザーがそれを考慮することも可能。エミュレータの詳細については、ブログ記事 を。また、このエミュレータについての技術的なプレプリントペーパー も参照してほしい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page