top of page

PlanQCとd-fine、量子機械学習を用いた気候モデルの改善で100万ユーロ(約1.6億円)の契約獲得


この契約は、ドイツ航空宇宙センター量子コンピューティング・イニシアチブ(DLR QCI)が、DLR大気物理学研究所と共同で、2022年12月に開始し、2026年11月まで継続するKLIM-QMLと呼ばれるプロジェクトで締結された。PlanQCとd-fineは、DLRの専門家と協力し、気候動向に関する予測を改善し、気候変動に対するより効果的な適応・緩和戦略を目指していく。


2つのパートがある。ひとつは気候モデルの自由パラメーターの調整、もうひとつは気候モデルのパラメータ化。PlanQCは2022年4月に設立されたドイツの量子スタートアップで、中性原子技術を用いた量子プロセッサーを開発しており、d-fineは持続可能な技術を用いた問題解決策を提供するヨーロッパの技術コンサルティング会社である。


このプロジェクトに関する追加情報は、こちらのDLR QCIウェブサイトに掲載されたニュースリリース、およびこのリンクこのリンクに掲載されたPlanQCとd-fineによる追加ニュースリリースで入手できる。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page