top of page

NIST、PQC Round4候補のSIKEに欠陥か

先月、NISTがラウンド3で4つのポスト量子暗号(PQC)アルゴリズムを標準化対象として選定し、ラウンド4でさらに4つのアルゴリズムが選定されたことをお伝えした。新たな研究のために選ばれたアルゴリズムの1つが、SIKE(Supersingular Isogeny Key Encapsulation)である。SIKEは、第3ラウンドのKEMアプリケーションに選ばれた格子ベースのKyberアルゴリズムとは根本的に異なるアプローチ(Supersingular Isogeny)に基づく、鍵カプセル化(KEM)アルゴリズム。NISTは、Kyberに問題が見つかった場合に、はるかに異なる代替手段を提供できる可能性があるため、異なるアプローチを肯定的にとらえている。また、NISTはSIKEを、鍵のサイズと暗号文のサイズが小さいという点で魅力があるとしている。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む
bottom of page