top of page

PsiQuantum、MUFG、三菱ケミカルがエネルギー効率の高い材料設計のための量子アライアンスを結成

[English follows Japanese]



PsiQuantumが三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)および三菱ケミカルと共同で、Qlimateイニシアチブのもとパートナーシップを開始した。この共同プロジェクトはPsiQuantumのFTQC(Fault-Tolerant Quantum Computer/誤り耐性量子コンピュータ)技術を活用し、フォトクロミック分子の励起状態をモデル化・解析することを目的とする。これらの分子は、スマートウィンドウ、エネルギー効率の高いデータストレージ、太陽エネルギー貯蔵などの応用に大きな可能性を秘めている。PsiQuantumが主導し、MUFGが関与するQlimateパートナーシップは、気候技術、特にエネルギー効率の高い材料の開発における複雑な計算課題に対処するために量子技術を活用することに焦点を当てている。


具体的には、エネルギー効率に優れた光スイッチング用途のジアリールエテン (diarylethene)を中心に、初期世代のFTQCで励起状態の特性を高精度に推定することの実現可能性を評価する。三菱ケミカルの化学計算の専門知識とPsiQuantumの量子コンピュータの能力を組み合わせることで、この分野の複雑な物理の理解を進め、革新的でエネルギー効率の高いフォトニクス材料への道を開くことを目指す。


この提携を発表したプレスリリースの原文はこちら


[補足]

PsiQuantum

PsiQuantumは2015年に設立された量子スタートアップ。アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトに本社を置いている。同社の唯一の使命は、世界初の有用な大規模量子コンピューターを構築し、展開することである。今日、世界中の多くのチームがプロトタイプの量子コンピューティング・システムを実証しているが、創薬、気候技術、金融、輸送、安全保障・防衛など、さまざまな分野で変革をもたらすアプリケーションを実現するためには非常に大規模なシステムが必要であることは広く知られている。そこで、PsiQuantumのフォトニックアプローチは、大量の半導体と極低温インフラを直接活用することで、迅速なスケーリングを可能にする。同社はスタンフォード大学のSLAC国立加速器研究所および英国のSci-Tech Daresburyにある科学技術施設会議(STFC)のDaresbury研究所と提携。詳細はwww.psiquantum.com


About PsiQuantum

PsiQuantum is a private company, founded in 2015 and headquartered in Palo Alto, California. The company’s only mission is to build and deploy the world’s first useful, large-scale quantum computer. Many teams around the world today have demonstrated prototype quantum computing systems, but it is widely accepted that much larger systems are necessary in order to unlock transformational applications across drug discovery, climate technologies, finance, transportation, security & defense, and beyond. PsiQuantum’s photonic approach enables rapid scaling via direct leverage of high-volume semiconductor manufacturing and cryogenic infrastructure. The company is partnered with the SLAC National Accelerator Laboratory at Stanford University and Sci-Tech Daresbury in the United Kingdom. Learn more at www.psiquantum.com



= = = = = =

PsiQuantum, MUFG, and Mitsubishi Chemical Form Quantum Alliance for Energy-Efficient Material Design


PsiQuantum, in collaboration with Mitsubishi UFJ Financial Group (MUFG) and Mitsubishi Chemical, has initiated a partnership under the Qlimate initiative. The joint project aims to leverage PsiQuantum’s fault-tolerant quantum computing capabilities to model and analyze excited states of photochromic molecules. These molecules hold significant potential for applications like smart windows, energy-efficient data storage, solar energy storage, and more. The Qlimate partnership, led by PsiQuantum and involving MUFG, focuses on utilizing quantum computing to address complex computational challenges in climate technologies, particularly in developing energy-efficient materials.


The project will assess the feasibility of achieving high-accuracy estimates of excited state properties on early-generation fault-tolerant quantum computers, concentrating on diarylethenes for energy-efficient photo-switching applications. By combining Mitsubishi Chemical’s expertise in computational chemistry with PsiQuantum’s quantum computing prowess, the collaboration aims to advance the understanding of complex physics in these systems, paving the way for innovative, energy-efficient photonic materials.


For additional information, you can access a press release announcing the alliance here.


Source:

Quantum Computing Report

= = = = = =









Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page