top of page

Q-CTRL、量子制御ソフトウェアにより量子アルゴリズムの成功率を大幅に向上させることに成功

量子コンピュータの最大の制約の1つは、ゲート操作には固有のエラー率があり、プロセッサが誤った計算をすることである。現在、この問題は、量子ビットの数が増え、アルゴリズムのゲートレベルの数が増えるにつれて悪化している状況だ。これは、量子ハードウェアの開発者にとって、次世代システムを構築する上で重要な難所となっている。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page