top of page

QC Ware、Itaú Unibancoと協力して顧客維持モデルを改善

 銀行業界では、モンテカルロ解析、ポートフォリオ最適化、クレジット・スコアリング、リスク最小化など、量子コンピューティングに有効とされるユースケースが数多く公表されている。しかし、QC WareItaú Unibanco(本社:ブラジル・サンパウロ、ラテンアメリカ最大の銀行)は、量子技術の新しい応用分野である顧客維持のモデル化支援に向けて、共同研究を発表した。顧客を維持することは、多くの産業で重要な課題であり、本研究の応用は広い範囲に及ぶのではないか。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page