top of page

コラム:QCI(Quantum Computing Inc.)の新子会社がNASAの気候変動監視をサポート

By Carolyn Mathas


QCI が重要な発表を行いました。100%出資の新会社を設立し、NASAの気候変動監視活動を支援する契約を締結したのがそれです。


子会社の QI Solutions, Inc.は、同社の量子ソリューションを、防衛を含む米国政府機関に直接提供する予定です。アリゾナ州は、光学、光通信の研究が進んでおり、量子コンピューティングに取り組んでいる米国政府機関や研究機関が多いことから、同州に新施設を開設しました。米国国防総省をはじめとして、米国政府から受注したプロジェクトなどを主導・管理することになります。


QI Solutions は、エントロピー量子コンピューティング、ソフトウェア、量子通信技術、量子センシングなど、すぐに導入できる幅広い製品とサービスを提供します。カスタマイズされたサービスには、安全なサプライチェーン管理、光先端製造、量子人材開発、量子研究開発などが含まれてます。また、パートナーに求められる人員を提供し、固有のニーズと要件をサポートすることができます。


Sean Gabler氏は、QCI から QI Solutions の社長に任命されました。経験豊富な運用および応用技術の専門家として、新興および商用技術を現実のアプリケーションに移行することに長けています。


QI Solutions の最初の受注は、Science Systems Applications(SSAI)の下請けとして、NASA のリモートセンシング用独自量子フォトニックシステムのテストを支援するものです。密度、粒子径、深さなど、数種類の積雪の物理的特性を遠隔測定する既存の LiDAR システムをテスト。拡散理論とモンテカルロ LiDAR 放射性シミュレーションの応用により、現在、雪の深さを正確に遠隔測定します。。ここでの精度は、水力発電の運用、淡水予測、融雪や土地資源の利用可能性、気候変動の影響予測などに重要なものです。例えば、天候の変化により、農業用水や都市用水がどのように変化するのか、LiDARによって把握することができます。


QCIは最近、エントロピー量子コンピューティング、リザーバー量子コンピューティング、量子イメージングおよびセンシングを含む様々な量子情報技術およびシステムを開発しました。同社の量子フォトニック LiDAR システムは、単一光子感度、強力なノイズ除去、高レンジおよび空間分解能に基づく高度な測定が可能です。QCIシステムは、宇宙/防衛の要件である、サイズ、重量、コスト、電力仕様にも対応しています。


SSAIの下請け契約では、プロジェクトは数ヶ月かけて実験室のテストベッドを作ることから始まり、そのテストが成功すれば、コンパクトな装置は空中テストに移行するかもしれません。目標は、衛星に LiDAR ユニットを配置し、世界中の積雪レベルを正確に監視するネットワークを構築することです。


Gabeler 氏は、「これは、QCIがその技術の応用を実証するための大きな一歩である。Qi Solutionsはこの種の取り組みに特化して設立されており、このプロジェクトの成功を確実に実行するための準備ができています。」と述べました。詳細情報は、Quantum Computing, Inc.の Webサイト を確認してください。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page