top of page

Quantum Machines、韓国の3団体とMOUを締結

Quantum Machinesは、イスラエルを拠点とし、ミッドスタックレベルの量子制御とエレクトロニクスの開発企業である。今回彼らは、韓国標準科学研究所 (KRISS) 、韓国量子コンピューティング産業指導者同盟 (QCILA)Orientomと覚書を交わした。KRISSは大韓民国の国家計量標準研究所である。QCILAは、韓国における量子コンピューティング技術の実用化を推進するために、電気通信、電子工学、量子関連の組織で構成される商業団体のコンソーシアムだ。また、Orientom は量子ファイナンスプラットフォームの開発に特化したソフトウェア企業である。


これらの組織とのパートナーシップには、参加組織における量子技術の理解と展開促進を目的として、知識交換、技術移転、共同研究の取り組みが含まれる。今回の MOU の署名を発表する Quantum Machines のプレスリリースはこちらのリンク から。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page