top of page

QUADRATUREコンソーシアム、分散型量子コアの研究で欧州イノベーション評議会から400万ユーロ(約5.7億円)を受領

QUADRATUREコンソーシアムは、Equal1、バルセロナ・スーパーコンピューター・センター、デルフト工科大学、ローザンヌ工科大学(EPFL)、カタルーニャ工科大学、バレンシア工科大学(プロジェクトコーディネーター)、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、カタニア大学、シーゲン大学から構成されている。彼らは、コヒーレントな量子通信リンクを介して複数の量子プロセッサを接続することによって、大規拡張が可能な量子コンピュータの開発手法を研究する。この資金は、欧州イノベーション評議会(EIC)のEICパスファインダー・プログラムを通じて提供される。詳細については、Equal1 が提供するプレスリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page