top of page

Quantinuum、BMW、Airbusと水素燃料電池膜のモデル化で提携継続


[ Credit: Quantinuum, BMW, Airbus, Aerostack from arXiv 2307.15823v1 ]



航空機や自動車などの新技術が研究される中、水素燃料電池を動力源とする電気エンジンが有力視されている。主要なアプローチは、触媒として白金またはその他の物質でコーティングされたプロトン交換燃料電池 (PEMFC) 膜に水素を通す酸化還元反応 (ORR) を使用するもの。PEMFCの効率を最適化するための設計で重要となるのは、触媒として使用する最適な材料を選ぶことだ。ここで量子コンピュータの化学モデリング機能の出番となる。


この研究では、Quantinuum の計算化学ソフトウェア InQuanto を使用する。白金と白金キャップの両方のコバルト表面を使用した膜の酸化還元反応をモデル化し、Quantinuum の H 1-1 量子プロセッサでシミュレーションを実行した。 3社は、関連業界の課題に対する量子コンピューティングのさらなる用途を見つけるために、共同作業を継続する。


この共同研究を発表する Quantinuum が提供したプレスリリース を参照、より詳細に研究を記述した技術論文は、arXivに投稿されたプレプリント を確認してほしい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page