top of page

Quantinuum、イオントラップ型プロセッサーを完全接続20量子ビットにアップグレード

Quantinuumが、H1-1プロセッサを12量子ビットから20量子ビットにアップグレードしたことを発表した。新たなアップグレードは、前バージョンのゲート忠実度を維持しながら、ゾーン数を3から5に増やし、より多くの並列オペレーションを同時に行える。このプロセッサーは、JP Morgan Chaseを筆頭に、過去1ヶ月ほどベータテストが行われてきた。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page