top of page

Quantum Machines、大規模量子コンピューティング向けOPX1000量子コントローラを発表



[ Picture of the OPX1000 Quantum Control Solution. Credit: Quantum Machines ]



Quantum Machinesは、量子プロセッサで使用される制御電子ソリューションを提供するリーダーの1社である。2018年の設立以来、現在では200を超える顧客を持ち、量子制御ハードウェア、ソフトウェア、その他のコンポーネントを提供。2022年にはQDevilを買収して製品ポートフォリオを拡大し、NVIDIA、Quantware、Partecなどのプロバイダーと提携している。


同社は今回、量子プロセッサー内の量子ビットを制御するための電子信号を供給する、大型の量子制御ユニット「OPX1000」を発表した。OPX1000は、従来の主力製品であるOPX+の上位製品となる。OPX1000は1台で3Uラックパネルのスペースに収まり、16入力64出力。


さらに、ユーザーはこれらのユニットの多くを積み上げ、数百量子ビットを持つ大規模システムに、数百の出力と入力を提供するソリューションとすることができる。


OPX1000は、パルス処理ユニット(PPU)技術、QUA直感的パルスレベル言語、DGX-Quantumとの互換性(Quantum MachinesとNVIDIAがハードウェア量子加速のために共同開発したソリューション)など、Quantum Machinesが前世代で提供してきた革新的技術が実ったものだ。


このユニットに関する追加情報は、Quantum MachinesのWebサイトに掲載されたプレスリリース、この製品を紹介するブログ記事、および製品ページで入手できる。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page