top of page

Quantum Xchange、暗号化されたネットワーク・トラフィックの欠陥を監視する CipherInsights を発表

これまで、量子コンピュータが公開鍵暗号を解読し、安全なネットワーク通信へのハッキングを可能にする将来的なリスクと潜在的な解決策について、多くの記事を掲載してきた。


この問題を解決するには、今後数年間にわたり IT通信の暗号化インフラを大幅にアップグレードしなければならない。企業にとっての課題は、どこに脆弱性があり、何をアップグレードする必要があるのかを知ることだろう。この問題は、量子脆弱性のある公開鍵暗号化コードのアップグレードだけではない。MD5、SHA-1、TLS 1.1、SSL 3といった、古く時代遅れの暗号化標準を使用している企業もあることが判明している。


Quantum Xchangeは、一般利用可能な新製品 CipherInsights™ を発表した。この製品はネットワークトラフィックを受動的に監視し、量子安全でない通信トラフィック、時代遅れの暗号プロトコルを使用していたり不正確な証明書を持つ場合、または暗号化すべき平文のメッセージを送信している場合に ITマネージャーに警告を発する。


この製品に関する追加情報は、こちらのプレスリリース およびこちらのWebページ を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page