top of page

Quantum-South、航空貨物最適化ソリューションの最新バージョンを発表

昨年、ウルグアイのモンテビデオに拠点を置くソフトウェア企業 Quantum-South が提供する量子ソリューションについて報告した。Quantum-Southは量子コンピューティングのパワーを活用し、貨物を飛行機に積み込む際の複数の変数による最適化問題を処理している。変数としては、積荷の形状、重量、重心に加え、せん断や胴体形状などの重要な飛行機や飛行特性を考慮しなければならない。


同社は、ユニットロードデバイスおよびパレットの積載最適化、航空機の積載最適化、および燃料最適化を提供する、より高度となったバージョンのソフトウェアを開発した。効率を最大化し、コストを最小化、燃料消費量を削減することで環境上のメリットをもたらすため重要事項となっている。同社は、2019年にエアバス量子コンピューティング・チャレンジに参加して以来、数年にわたってこのアプリケーションに取り組んできた。このソリューションが海上貨物業務を含む他の産業分野でも適用できる可能性があることを示している。


この件に関するプレスリリースは、こちらの Quantum-South の Webサイト に掲載されている。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page