top of page

米QuEra社、256 量子ビットの量子シミュレータを発表、1700万ドル(約20億円)の資金調達

ハーバード大学のMIT超低温原子センターで、中性原子技術を使用して開発された、256量子ビットのシミュレータについては、昨年7月の記事でご紹介した通り。量子シミュレーターは、プログラム可能な汎用的な量子コンピューターとは違う点を押さえておきたい。特定の用途には非常に有効だが、ゲート型コンピュータのように、多種多様な量子アプリケーションをサポートすることはできない。QuEra社は、この技術を商業化し、近日中に一般公開する予定だ。ウェブサイトに掲載されているロードマップによると、この256量子ビットのシミュレータの他に、64量子ビットのプログラム可能なコンピュータを近日中に発表し、2024年には1024量子ビットを発表する予定になっている。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page