top of page

QuEra Computingと韓国、世宗市に量子産業エコシステムの構築で合意

ボストンに拠点を置く中性原子量子プロセッサ企業のQuEra。韓国科学技術院 (KAIST) および世宗市と提携して、世宗市で量子コンピューティング産業のインフラと研究開発能力を構築することで合意した。この活動には、教育プログラムの開発、国際的な学術交流への協力、政府の公共調達プロジェクトを確保するための共同の取り組み、量子技術コミュニティへの意識向上などが盛り込まれている。追加の情報はQuEraのWebサイトに掲載されているニュースリリースを参照。


ここ1年、欧米と韓国の組織間の協力に関する発表がいくつかあった。6月、IonQと韓国科学情報通信部 (情報通信技術部) は、韓国の修士・博士課程の学生、博士研究員、量子産業の専門家を対象としたプログラムを支援するための了解覚書 (MOU) を締結した。同じく6月、Quantum Machinesは韓国標準科学研究院 (KRISS) 、韓国量子コンピューティング産業指導者同盟 (QCILA) 、およびOrientomと覚書を締結。4月、米国と韓国は量子技術に関する協力声明に署名した。1月にはザナドゥが韓国科学技術研究院と提携することを発表し、昨年11月にはIBMがソウルの延世大学にIBMの量子プロセッサを導入することを発表している。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page