top of page

QuEra、中性原子プロセッサを米国立エネルギー研究科学計算センターに提供へ

国立エネルギー研究科学計算センター(NERSC)は、ローレンスバークレー国立研究所が、米国エネルギー省科学局のために運営する高性能スーパーコンピューティング施設で、全米の国立研究所や大学の 9,000人の科学者が利用している。今年の春以降、科学者らは、256量子ビットを含む QuEra の中性原子量子プロセッサ 「Aquila」にアクセスできるようになる。Aquilaプロセッサは、現在アナログモードでプログラムされており、QuEraは、ノイズに対してより堅牢な特性を持つなどの利点があると述べている。このマシンは、NERSCのユーザーが、量子力学、化学、高エネルギー物理学などの分野で、問題解決能力を探求するために使用される。詳しくは、QuEraのWebサイトに掲載されたニュースリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page