top of page

QuantWare とQphoX が超伝導量子プロセッサーのネットワーク化で提携

QuantWare社は、別のサブシステム・サプライヤーと協業している。5月に、QuantWareとQuantrolOxのパートナーシップについて、QuantWareの超伝導プロセッサチップに機械学習ベースの量子ビット制御ソフトウェアを提供することを報告しました。今回はQphoX社と提携し、複数の量子プロセッサーをネットワークで結び、ミニ量子インターネットを構築する方法を提供します。このアプローチは、Rigettiが80量子ビットのAspen-Mプロセッサですでに行っており、将来的には336量子ビットのマシンでこれを拡張する予定であることから、人気を集めています。また、IBMは最新のロードマップのリリースで、将来的にこれを実現する計画を発表しています。QphoX 社がこの取り組みに貢献する主要コンポーネントは、Quantum Modem™ で、機械的な中間共振器を通してマイクロ波とフォトンを結合する量子変換器です。このコラボレーションに関する詳細は、QuantWare 社のウェブサイトから入手可能なニュースリリースを参照 してください。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page