top of page

Rigetti と ADIA Lab が金融アプリケーションの確率分布分類のための量子アプリケーションを共同研究

量子コンピュータの利用で最も有望な分野の一つは、様々な金融問題である。金融アプリケーションの利点の1つは、成功したアルゴリズムを本番環境へすぐに導入できることだ。創薬や材料発見など他ののアプリケーションは、追加のテスト、実地試験、または既存のITインフラストラクチャとの統合や企業内のトレーニング要件などがあり、本番への移行は簡単ではない。

このプロジェクトのために、Rigetti Computingは、データと計算科学の基礎と応用研究に特化したアブダビに拠点を置く研究所である ADIA Lab と協力し、確率分布を分類するための最適な量子アプローチを見つける。ADIA Lab は Rigetti に古典的なデータセットを提供し、Rigetti は Quantum Cloud Services (QCSTM) プラットフォームを使用して、問題に対する量子ソリューションを構築しテストする。その後、チームは量子モデルがどの程度うまく機能したかを判定するために、量子と古典の結果を比較する。


このプロジェクトに関する追加情報は、Rigetti のWebサイトに掲載されたニュースリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page