top of page

米Rigettiが金融向け量子機械学習で英国InnovateUKの助成金を獲得。18ヵ月の共同研究プロジェクト

[English follows Japanese]

Rigetti Computing(本社:アメリカ、Nasdaq: RGTI)の子会社Rigetti UKは、AWS、インペリアル・カレッジ・ロンドン、スタンダード・チャータードと共同で、Innovate UKの助成金を獲得した。このコンソーシアムの焦点は、金融機関が複雑なデータストリームを処理・解析する能力を強化するための量子機械学習技術の開発にある。


信用リスク評価やマーケットメイキング・サービスなどの金融業務は、データストリームの複雑な性質のため、古典的な機械学習手法ではしばしば課題に直面する。この共同研究は、Rigettiの量子コンピューティング能力、AWSの古典的HPCリソース、インペリアル・カレッジ・ロンドンの古典機械学習モデルに関する専門知識、スタンダード・チャータードのデータセットを活用することを目的としている。具体的には、量子署名カーネルの高度化、古典的手法に対する結果のベンチマーク、広範かつ高次元のデータストリームに対する署名と署名カーネルを効率的に計算する量子アルゴリズムの構築を行う。


この共同研究プロジェクトは2024年1月1日に開始し、期間は18ヶ月の予定。Rigettiのプレスリリースの原文はこちら



[補足]

Rigetti (リゲッティ)

Rigettiはアメリカのフルスタック量子コンピューティング企業。2013年創業。2022年3月にNASDAQ上場。2017年からクラウド上で超伝導の量子コンピュータを運用しており、同社のQuantum Cloud Services (QCS*)を通じてグローバル企業、政府機関、研究機関の顧客にサービスを提供している。独自の量子・古典インフラは、実用的な量子コンピューティングのためのパブリック/プライベートクラウドとの高性能な統合を提供している。

また、スケーラブルな量子コンピューティングシステム向けに、業界初のマルチチップ量子プロセッサを開発。業界初の量子デバイス専用統合製造施設であるFab-1において、自社でチップを設計・製造している。www.rigetti.com


*Rigetti QCS


Rigetti (RGTI) の株価


関連記事IonQとRigetti、今後のロードマップを語る


Innovate UK

公的研究や技術革新に貢献することを目的とした英国のイノベーション機関。新しい製品、プロセス、サービスの開発と商業化を通じて、世界をリードする研究及び英国企業の成長を支援するため資金提供をしている。https://www.ukri.org/councils/innovate-uk/



= = = = = =

Rigetti Computing Awarded Innovate UK Grant to Develop Quantum Machine Learning Techniques for Financial Data Streams


Rigetti UK Limited, a subsidiary of Rigetti Computing, has secured an Innovate UK grant, collaborating with Amazon Web Services (AWS)Imperial College London, and Standard Chartered. The consortium’s focus is on developing quantum machine learning techniques to enhance financial institutions’ ability to process and interpret complex data streams.


Financial tasks such as credit risk evaluation and market-making services often face challenges with classical machine learning methods due to the intricate nature of data streams. The collaboration aims to leverage Rigetti’s quantum computing capabilities, AWS’s classical high-performance computing resources, Imperial College London’s expertise in classical machine learning models, and Standard Chartered’s datasets.


The research objectives include advancing quantum signature kernels, benchmarking results against classical methods, and building quantum algorithms for efficiently computing signatures and signature kernels for extensive and high-dimensional data streams.


This project, initiated on January 1, 2024, is set to last 18 months. For additional information, you can access the original press release from the company here.


Source:

Quantum Computing Report

= = = = = =









Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page