top of page

Rolls-RoyceとClassiq、計算流体設計のための量子的アプローチで提携

By Carolyn Mathas


Classiq Rolls-Royce は、新しい数値流体力学 (CFD) アルゴリズムの設計で提携した。CFDは、自動車の設計で広く使用されているアルゴリズムで、コンポーネントとガス、流体、または固体との相互作用がある場合に広く使用される。また車両全体の開発だけでなく、コンポーネントの設計と組み立てのプロセスも強化する。具体的には、性能を向上させ、空力損失を最小化する設計効率の向上、設計を最適化して空力応答を改善し、既存の制約がある中で、設計者が車両の美観に取り組むことを可能にする。


この共同研究では、量子・古典コンピューティングの両方の技術が使用される。線形方程式の集合を解く量子HHLアルゴリズムは、CFDのハイブリッド古典/量子実装で使用され、非線形部分と線形部分は、それぞれ古典ハードウェアと量子ハードウェアで解かれる。Classiq は、量子回路に線形問題の定義を効率的に実装し、Rolls-Royce は、アルゴリズム用に最適化された最先端の量子回路の開発を。Rolls-Royceは、この提携が将来の量子ロードマップの重要な部分であると考えている。ますます高度化するCFDモデルを実行しているため、Classiq のプラットフォームの使いやすさと最適化が不可欠になっている。


Classiq により Rolls-Royce は、新しいハードウェアに依存しないCFDアルゴリズムの実装のために、スケールする量子アルゴリズムを設計、最適化、分析することができる。彼ら独自のアプローチ。その合成エンジンは、ユーザーのニーズに対応し、最適化された潜在的な回路の広大な設計空間を探求する。これにより、ユーザーは時間、量子ビット、量子ゲート、または精度を含むより多くのリソースにアクセスできるようになるという。このパートナーシップの詳細については、Classiq のプレスリリース を。

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page