top of page

NVIDIA、Rolls-Royce、Classiq、量子回路の古典的シミュレーションで過去最高の成果

この量子回路は、39個の量子ビットを1,000万層の深さで利用し、最新鋭ジェットエンジンの計算流体力学(CFD)特性を解析した。この複雑な回路は、まず Rolls-Royce と Classiq が、Classiq社の回路合成ソフトウェアを用いて設計し、その後 NVIDIA の A100 Tensor Core GPU と CuQuantumソフトウェア開発キットを用いて実行された。このプロジェクトに関する追加情報は、NVIDIAが提供する新しいリリース に詳しい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

ความคิดเห็น

ได้รับ 0 เต็ม 5 ดาว
ยังไม่มีการให้คะแนน

ให้คะแนน
bottom of page