top of page

Silex、量子コンピュータ用高純度シリコンウェハの製造に向けた第3期パイロット実証施設を建設

最も長いコヒーレンス時間を持つ量子ビットを実現するための重要なエンジニアリング活動の一つは、その時間を低下させるものの影響を低減するのに役立つ高純度物質を製造する材料工学である。スピン量子ビットの技術において重要な材料は、量子ビットの構造を構築するための出発点となるシリコンウェハ。天然シリコンは、電子スピンがゼロのSi-28(92.2%)、スピン状態が1/2のSi-29(4.7%)、同じくスピンがゼロのSi-30(3.1%)の3つの同位体から構成されている。天然シリコンは、トランジスタが電子スピンの影響を受けないため、半導体プロセスには全く問題ない。しかし、シリコンウェハ上に作られたスピン量子ビットの場合、スピン状態が1/2になるとコヒーレンス時間が短くなるため、Si-29は問題があると言える。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page