top of page

Sparrow Quantum、シード資金として3,100万デンマーク・クローネ (約6.2億円) を獲得

コペンハーゲンにある Sparrow Quantum は、量子応用技術のための単一光子コンポーネントの提供企業である。同地域にあるニールス・ボーア研究所の量子フォトニクス・ラボからスピンオフした企業である。この資金調達はデンマークの量子企業としてはこれまでで最大規模であり、ベンチャーキャピタルの 2xN が主導し、LIFTT と European Innovation Council (EIC) が追加で参加した。現在の製品は、毎秒2,000万個の光子ストリームを生成できる高性能の単一光子源。これらは、フォトニック結晶導波管に埋め込まれた量子ドット構造を持つ 3mm×3 mm の InAs/GaAS チップによって作成される。このデバイスは、量子インターネット内だけでなく、フォトニック量子コンピュータでも使用可能だ。資金調達を発表した Sparrow Quantum は、こちらのニュースリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page