top of page

Terra QuantumとHSBC、金融最適化のための量子/古典ハイブリッド応用研究で提携


最適化問題は金融業界で広く普及しており、一般的に使用されている古典的手法よりも量子的な優位性を提供するために研究されている量子的アプローチがいくつかある。Terra QuantumとHSBCは、Terra QuantumのTetraOptハイブリッドソルバーが、2次制約なし整数最適化(QUIO)問題の解決にどのように利用できるかを確認するために協力する予定だ。


両社が研究する分野の一つは、担保の最適化。銀行にとっての目標は、コストを最小限に抑えつつ、規制要件を満たし、資産のリスク、流動性、収益性のバランスをとることである。


HSBCは資産ベースでヨーロッパ最大の銀行であり、2022年には従業員21万9000人以上、510億米ドル以上の収益を上げている。


最近、量子応用の研究に積極的。6月には、量子ランダム化キー、量子機械学習、量子自然言語処理を研究するため、Quantinuumとの共同研究を発表している。7月には、英国の商用量子セキュア・メトロ・ネットワークに参加する最初の銀行になり、そして2022年5月、量子ソフトウェア企業Classiqにベンチャーキャピタル投資を行うことを発表した。


両社のコラボレーションに関する追加情報は、Terra QuantumのWebサイトに掲載されたプレスリリースを参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comentários


bottom of page