top of page

イリノイ大学シカゴ校(UIC)が量子アドバンテージ共同設計センター(C2QA)に参加

UICは、C2QAに参加する他の24のパートナー機関とともに、6番目となる少数精鋭の教育機関として参加する。UICはシカゴの中心部に位置し、マイノリティ人口が多く、シカゴで唯一の公立研究大学。そこで、量子技術の教育・研究能力を高めるため、工学部電気・コンピュータ工学科のThomas Searles准教授を最近雇用した。Searles教授の研究室では、現在、NISQデバイスのエラーを緩和するため機械学習を用いている。 また彼は、最近はIBMのマシンなどで量子状態トモグラフィーの研究も行っており、研究室での活躍の場が増えることを期待している。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Kommentare konnten nicht geladen werden
Es gab ein technisches Problem. Verbinde dich erneut oder aktualisiere die Seite.
bottom of page