top of page

Unitary Fund、2023年の量子オープンソース調査 (QOSS) を発表



今回もまた、Uniary Fundは、ユーザーがどのような人であり、使用しているツールやソフトウェアは何か、エコシステムの強みとニーズを業界がより深く理解できるようにするために、さまざまな調査を行った。この調査は、ユーザーの属性、使用しているプログラミング言語、経験レベル、使用しているクラウドサービス、OSS(オープンソースソフトウェア)の開発と研究、コミュニティとリソース、多様性とインクルージョンなどの分野をカバーしている。


この調査には、ビジネスリーダーから愛好家まで、学術機関、企業、新興企業、政府研究所などで働く56カ国の人々からなる幅広いユーザーから798件の回答が寄せられた。現在の量子ユーザー層について理解を深めたい人にとって有益なデータがたくさんある。2023 Quantum Open Source Survey (QOSS)の結果を示す完全なレポートはこちらのリンクで入手可能であり、主要な調査結果のいくつかを要約したブログ投稿はこちらのリンクから見ることができる。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report (by GQI)

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page