top of page

イリノイ大学、超伝導量子ビットのJosephson接合欠陥を研究するために100万ドルの助成金を獲得

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームは、超伝導ジョセフソン接合に使用されるアルミニウム/アルミニウム酸化物/アルミニウム接合の成膜プロセスにおける欠陥を低減する方法を検討するため、the Air Force Office of Scientific Research(空軍科学研究局)から2年間のプログラムを獲得した。


接合部の欠陥は、超伝導量子ビットのコヒーレンス時間に悪影響を及ぼす可能性があるため、材料の無秩序性の低減により、量子ビット全体の品質向上につながる。研究チームは、ジョセフソン接合析出の全体像を明らかにするために、透過型電子顕微鏡(TEM)と低温特性評価を使用する予定だ。


詳細については、イリノイ大学のニュースリリースを参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page