top of page

米空軍科学研究局(AFOSR)、シリコンスピン量子ビットの材料特性評価とモデリングの研究に670万ドル(約10億円)の助成金を授与

この賞は、米国空軍科学研究局 (AFOSR) によって、ロチェスター大学が率いるチームと、バッファロー大学、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、ニューヨーククリエイツ校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、ローレンス・リバモア国立研究所の共同研究者に授与された。


彼らは、電荷ノイズ、谷割り、電子G因子の空間的変動など、シリコンスピン量子ビットのコヒーレンス時間に悪影響を及ぼす可能性のある問題を研究する。これらの問題を引き起こす基本的な材料の問題をよりよく理解することを目指す。量子プロセッサの製造について、より高品質で低いエラー率の量子ビットを見つけることが期待される。


今回の受賞を発表したロチェスター大学のニュースリリースはこちらのリンクから。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report (by GQI)

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page