top of page

米国とフランス、量子技術に関する協力声明に署名

声明は2022年11月30日に署名され、米国が英国、オーストラリア、日本、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、スイスと署名した他の声明と同様である。協定に署名したのは、ホワイトハウス科学技術政策局 (OSTP) 局長でバイデン大統領の首席科学顧問を務めるアラティ・プラバカール博士と、フランス高等教育・研究大臣のシルヴィ・リタイヨー博士。次のステップとして、参加者は両国の研究者で科学的共同研究の可能性を探るために、合同ワークショップを実施する予定だ。


この協力声明に関する追加情報は、米国国立量子調整事務所 (NQCO) のサイトに掲載されている通知 で確認できる。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page