top of page

Volkswagen と Xanadu、量子電池材料シミュレーションの取り組みを開始

Volkswagen Group (ドイツ・ウォルフスブルク)と、トロントに拠点を置く Xanadu との間では、既に、材料科学、計算化学、電池技術、量子アルゴリズムを横断するマルチドメイン研究協会が設立されているが、新たなプロジェクトとして、電池材料をシミュレートする高度な量子アルゴリズムの開発に取り組んでいる。アルゴリズムは Xanadu の次世代フォールトトレラント量子コンピュータで処理される。


数年来、共同で取り組みを続ける基本目標は、量子アルゴリズムのパフォーマンスを向上させ、計算コストを削減し、VWがバッテリーとバッテリー材料に焦点を当てた量子コンピュータの使用を加速することである。得られた材料は、単に費用対効果が高いだけでなく、より安全で軽量であることが期待されている。さらにこのプログラムでは、量子コンピュータが大きな影響を与える可能性のある他の材料発見計算問題も調査していく。


最近の共同研究記事、フォールトトレラント量子コンピュータによるリチウムイオン電池の重要な特性のシミュレーションは、現実的な正極材 (この場合はケイ酸ジリチウム鉄) をシミュレートする量子アルゴリズムを実装するために必要なリソースの最初の考察である。


Volkswagen の目標は、持続可能なモビリティを提供するデータおよびソフトウェア主導のプロバイダーとなることだ。同社の野望には、電池開発と量子コンピューティングの両分野でのリーダーシップが含まれる。提携の詳細については、Volkswagen Groupのプレスリリース を参照のこと。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page