top of page

Zapata Computing、480万ドル(約6.7億円)の非株式融資を受ける

今月の初め、米国証券取引委員会(SEC)に提出された Form D によると、Zapata Computing はこれまでに 485万7,000万ドル(約6.8億円)の資金調達を、ローン、オプション、またはワラントによって受け取ったことを報告している。これは、資金と引き換えに株式を受け取ったベンチャーキャピタルとの資金調達とは違う。全体として、この資金調達手段により、同社は最大で 2,000万ドル(約28億円)を調達する予定だ。この最新の取引に関する詳細はまだ公表されていない。


同社は現在、ジュネレーティブ AIの取り組みを重点的に強調しており、もはや量子コンピュータ向けのソフトウェアソリューションにのみ焦点を当てていない。Form D の提出書類は、SEC(米国証券取引委員会) のWebサイト で確認できる。



※参考

Form D:私募証券の提出書類。非公開の証券を発行する企業が、その取引に関連する情報をSECに提出するための書類



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Commenti

Valutazione 0 stelle su 5.
Non ci sono ancora valutazioni

Aggiungi una valutazione
bottom of page